マイナス金利 財政政策の時代を示唆する

日銀のマイナス金利導入で賛否入り乱れて、大騒ぎになっている。だが、これは金利で市中の通貨量(マネーストック)を調整する時代の終焉を意味するかも知れない。もちろん「良いこと」だ。

金利でマネーストックを調整するという方法は、すべての通貨が「負債」であることを意味します。そうでなければ調整システムとして成立できません。しかし、負債には金利支払いが付いて回ります。だから金利を下げるほどマネーストックが増えるわけですが、金利ゼロでも借金する人が居なければマネーストックは増加しない。マネーストックが伸びずに景気回復は足踏み状態。ついに、マイナス金利が導入されました。だが多くの副作用が指摘されています。

それでも効果がなければ、
それは負債通貨システムの破たんを意味します。

つまり、そもそも通貨を「負債」として供給するシステムは限界なのです。それがついに露呈しつつあります。これからは、通貨を「資産」として供給する時代となるべきです。つまり政府紙幣です。政府紙幣と言っても政府が日銀に発行させるわけですから、今までのお札と同じものが使われます。ただし、その流通ルートが変化します。

おカネは貸し付けではなく、財政政策として市中に投入され、税によって回収される。よって、マネーストックは財政支出と税率によって決まる。つまり財政政策が金融政策にとって代わる時代の幕開けとなる可能性があるのです。

マイナス金利は、債務通貨システムの終わりを意味すると思います。


このユーザーがいいねしています

  • コテヤン@どうやら管理人
  • holyfirework
  • yuruneko_blue

「マイナス金利 財政政策の時代を示唆する」のコメント一覧

  1. 1
    yuruneko_blue ゆる猫  :

    おはようございます。ブルーオーシャンの皆様、本年もよろしくお願いします。

    このニュースは、僕もテレビで見てびっくりしたのですが、どういうことなのか、いまいちよくわからない部分もあります。

    ネットで少し調べてみたところ、次のような記事を見つけました。

    <マイナス金利とは>
    金融機関が日本銀行に持つ当座預金のうち、任意で預けている額について、マイナスの金利をつける政策。手数料を取られる形になる金融機関は、日銀に預けていたお金を企業や個人への貸し出しに回すことが期待され、結果として経済の活性化につながる可能性がある。日銀は今回、この当座預金口座の金利全体をマイナスにするのではなく、0・1%、0%、マイナス0・1%と3段階に分け、金融機関の収益が大きく悪化しないよう配慮した。
    <引用終わり>

    …つまり、民間銀行が日銀に預けているお金、「日銀当座預金」の「準備預金以外の預金」に対しては、マイナスの金利をつける、つまり逆に手数料をとる、ということのようです。

    この場合、民間銀行は損しないために、余分な「日銀当座預金」をできるだけ「現金(日銀券)」に換えて、銀行の金庫内に保管する、ということが考えられると思います。また、今まで「利子」をつけてもらっていた分がゼロになり、反対に「手数料」を取られてしまうわけですから、収益を悪化させないために、貸出先を増やすことが考えられると思います。

    このような考え方で合っていますでしょうか?

  2. 2
    noranekoma のらねこま  :

    >>ゆる猫さん
    サプライズでしたねえ。この件に関しては、自分のサイトに記事を準備中です(明日掲載予定)。良く詳細を見ると「3つの区分」があるのがミソです。これは①法定準備金、②現時点での超過準備金、③これから積みあがる超過準備金です。で、①が0%、②が0.1%なので、今まで通りです。③だけがマイナス0.1%になりました。③は「これから増えるの部分」です。なので、今のところ③は無いのです。なので早急に貸し出しが増えることは難しいでしょうが、マイナス金利を市場が好感すれば、おカネを借りる企業が増えるかも知れないので「コミットメント効果」はあるのではないでしょうか。

    なお、今までの超過準備は0.1%の金利があるので、日銀に対する取り付け騒ぎは発生しないでしょう(なんだ、つまらんw)。ただしこれから増える分は引き出すかも?でも、日銀ににらまれれば銀行は即死ですからね、怖くてできないのでは。

    ご指摘のように、収益が減るので、貸し出しを増やして利息を稼がないとならなくなったわけですよね。そもそも超過準備に0.1%の利息を付けて、銀行を甘やかせていたわけですから。本当は②はゼロにすべきなんですが、そこは天下り先の保護ということでは?。

  3. 3
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    こんにちは~。
    私もこれ驚いてて、んで思わず進撃の庶民への寄稿にしてしまったので書けずじまいでしたw
    (ネタを探してる最中にこのニュースが流れてきましてw)
    来週月曜日に掲載予定ですが…のらねこまさんがブルーオーシャンで書いてくれて、助かりましたですw

    しかし銀行の貸出が増えるかどうか?というとちょっと懐疑的でして。努力はするでしょうが、いかんせん資金需要がないのでは?と思ったり。
    まさか日本でマイナス金利を見る日が来ようとは…

  4. 4
    noranekoma のらねこま  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    >いかんせん資金需要がないのでは?
    そうなんですよ。だから財政出動の出番というわけですが、この財政出動が実は「通貨供給そのものになる」というのが政府通貨制度の面白い点なんです。銀行が無理に貸し出しを増やしてマネーストックを増やす必要が無いわけです。つまり「金融政策の必要がなくなる」わけです。おカネが足りないなら刷って使う。余ったら税金で回収する。シンプルです。

  5. 5
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>のらねこまさん
    なるほど、確かに政府紙幣発行のほうが仕組みもシンプルで、なおかつ不景気になれば財政出動というある種のシステムとして機能しそうですね。
    ちょっとこれは色々なケース、例えばスタグフレーションの時はどうか?とかで検証をしてみると面白そうです。
    あと税制のポイントだとかも。

  6. 6
    noranekoma のらねこま  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    スタグフレーションについてはそれほど詳しくありませんが、おそらく資源の不足(資源枯渇やオイルショックなど)によって生じると思われます。そうなると、通貨制度の問題ではありませんので対処が非常に難しいわけで、それは従来の通貨制度でも同じだと思われます。

    ただし市場経済では不足した財の購入におカネがどんどん流入する結果、今の制度では信用膨張が発生します。政府通貨は信用膨張しませんので、インフレ率は抑えられると思います。ただし財の絶対量がそもそも不足していますから根本的な解決は不可能です。いずれにしろ資源量が限られるため、通貨制度如何にかかわらず、生産される財の量は同じだと思います。

    それでも財政支出によって雇用を維持すれば、通貨は国民にまんべんなく行き渡るので、格差は生じにくいと思います。しかし、そもそも資源不足ですから生産される財の量が限られるため、その財の1人当たり分配量は減少します。一方、放置すれば失業者が増加して、「雇用者はいままでどおり豊か」「失業者は何もなくなる」という形の分配がされます。なお、財政支出を行えば、それ以外の財(サービス含む)の生産量が増加する可能性があります。そこで代替資源の開発に投資することが有効と思われます。

    税制は、金融資産課税を導入し、景気過熱時のブレーキ用に消費税を形だけ残しておきます。もしかすると、消費税は不要かも。

  7. 7
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>のらねこまさん
    なるほど、スタグフレーションについて確かにそうですね。
    政府紙幣についてはあまり考えたことがなかったので、大変参考になります。

    税制ですが、景気過熱対策なら消費税が一番有効かもしれませんね。
    あとは累進制の強化も景気過熱対策になりそうです。
    (例えば法人税等々は儲かれば儲かるだけ税率が重くなる等々)