①かつて日本はケインズ革命を実践していた

かつて日本はケインズ革命を実践していた
通常、お金というものは、金持ちや大企業のほうが有利な投資活動ができることなどにより、貧乏人から金持ちへ、中小企業から大企業へと、下から上へと吸い上げられるようになっています。18世紀後半からイギリスで始まった産業革命以来、労働者はいくら働いても食うや食わずの生活で豊かになれず、資本家は加速的に富を蓄えていきました。初期の弱肉強食の資本主義で、富裕層と貧困層の階級的な分裂が顕著になって行きました。原始資本主義とも呼べる情況です。この頃の経済学は古典派経済学と呼ばれ、アダム・スミス(1723~1790)の国富論における「神の見えざる手」という言葉に代表されるように、市場において各個人が自由に自己の利益を追求すれば、価格メカニズムの働きによって自然に需要と供給が調整され、結果として社会において適切な資源配分が達成されると、傍観的に説明するだけのものでし...

ご支援くださる方はクリック→