少子化対策案(2016年1月)

毎月末に、その時点での少子化対策案をまとめることにしています。

目標:日本の合計特出生率を2以上にする。

背景
1)全ての人が結婚するわけではなく、結婚しても諸事情により子供をつくれない場合もあるため、子供をつくることができる夫婦が2人の子供をつくるだけでは、出生率は2を超えない。したがって、夫婦が3人以上の子供をつくろうとする「方向」にもっていく必要がある。また、現在の「夫婦の理想」を実現するだけでは出生率は2を超えない。3人つくろうと思っていない家庭にもつくろうと思わせる政策が必要。ただし、強制になってはいけない。
2)少子化の直接的な原因は未婚化と晩婚化である。若者の結婚を促進する必要がある。

対策1:啓発(キャンペーン)
基本的な考え方:子供数が自然に増えるような「雰囲気」を社会につくる
・メディアを使い、3人子供がいる家族が理想であるという「雰囲気」をつ...

ご支援くださる方はクリック→