『資本主義という病――ピケティに欠けている株式会社という視点』奥村宏著 – PRESIDENT Online


PRESIDENT Online >>記事全文

『資本主義という病――ピケティに欠けている株式会社という視点』奥村宏著 >>記事全文
PRESIDENT Online
1970年代以降、世界に台頭してきた新自由主義と巨大株式会社の関係が孕む問題は、著者が取り組む研究のまさに中核だ。 「新自由主義の登場で規制緩和と国有企業の民営化が進められました。また、リーマンショックでも巨大銀行や巨大株式会社を公的資金、つまり国民の ...

ご支援くださる方はクリック→