教育国債

今日はこんな記事です。 大学無償化へ「教育国債」…自民が検討方針 自民党は、大学などの高等教育の授業料を無償化した場合の財源として、使い道を教育政策に限定する「教育国債」発行の検討に着手する方針を決めた。 少子化対策で一番問題になっているのが財源です。お金さえあれば・・・と考えている行政関係者は多いことでしょう。 今日の記事は、自民党が少子化対策のために国債を発行することを考え始めた、というものです。 「少子化対策に国債を」と最初に言い出したのは、私が知る限りでは、民進党の玉木雄一郎氏です。昨年9月の民進党代表戦で、「子ども国債」が玉木氏の看板政策として掲げられていました(よく憶えていませんが、代表戦以前から主張はあったような気がします)。代表戦当時の論争を見ても、実現可能という意味で最もまともな政策意見でした(当時の記事はこちら)。&nb...

ご支援くださる方はクリック→