米中もし戦わば書評(1)

まず最初に言いたいのは本書(米中もし戦わば)は良書であり、特に中国の分析に関してはかなり参考になります。 米中もし戦わば Amazon また軍事学や地政学を知らない人でも「なるほど・・・」と読めるように、割と平易な言葉で解説がされているという点も好印象です。本書のテーマは「いかにして米中戦争という破滅的な結末を避けるか?」が主題で、結論的には「アメリカがアジアに対して分散的に、なおかつ強固に、きめ細やかに関わっていけばなんとかなるんじゃないか?そして経済的には中国の成長を幾分か停滞させる」という話なのですが、先日書きましたように矛盾を抱えた理論になっていると感じました。 まず35章「米軍はアジアから撤退すべきか?」という章ですが「21世紀にアジアはもっとも成長する地域だ、何故ならば世界人口の60%を擁するから」と書かれておりますが、現在の世界の人口が...

ご支援くださる方はクリック→