最悪との比較で満足するな‼︎

先日、図書館に行った際に昔の新聞を捲っていて驚いたことがある。平成3年頃の新聞を眺めていると、本田技研工業の期間工募集広告が目に入り、そこには「月収例43万円、契約満了一時金90万円」という景気の良い条件が記載されていた。今なら幾らくらい貰えるのかとネットで検索したところ、本田技研工業熊本製作所の募集広告があり、月収例27万円、満了一時金3カ月で9万円支給6カ月で9万円支給9カ月で15万円支給12カ月で15万円支給(計48万円)であった。世界ブランドランキングで、日本企業としてトヨタに次ぐ21位につける世界のホンダですら、いくらバブル期との比較はいえ、25年以上も前の雇用条件にすら手が届かないどころか、当時の6割程度にしかならぬ待遇のショボさを見て悲しくなってきた。最近のホンダの決算を見ると、連結売上が14兆円、当期利益が4千億円と、間違いなく平成3年頃とは比較にならぬほどの増収増益を果た...

ご支援くださる方はクリック→