尊皇攘夷の思想

今日は少し、日本が近代国家になったときの歴史を振り返ってみましょう。そうすることで戦後日本人が見失っているのは何なのか?が見えてくるのではないでしょうか? 明治維新~第2次世界大戦までの流れと言うのは多くの方がご存知と思います。しかし明治維新を正しく解釈されている方は少ないんじゃないかなと?つまり明治維新は「文明開化」「開国」であり「日本が合理的な近代国家になった」と思われている人が多いんじゃないかなと。そういう方たちの中では「開国派vs尊皇攘夷派」という図式で明治維新が描かれていると思います。しかしこれは大間違い。※この誤解は司馬遼太郎の小説の影響が非常に大きいようですね。また丸山眞男の解釈も大きな原因のようです。 ざっとまず重要な点を指摘しておきますと「開国」の対義語は「鎖国」です。そして尊皇攘夷とは「天皇を尊び、攘夷(夷狄を打ち払う)を行う」という意味です。であ...

ご支援くださる方はクリック→