NHKに意見を送ろう

日本では今後、少子高齢化による生産年齢人口比率の低下であらゆる産業で人手不足になると予想されています。これについてほとんどのメディアが、解決には移民受け入れが不可避であるかのような論調で報じているため、人手不足に対応するには移民、外国人労働者を受け入れる以外に方法がないと思い込んでいる人が多いと思いますが、実は移民受け入れよりデメリットが少なく、なおかつ日本国民に大きな利益をもたらす別の選択肢があるのです。


それは、賃金アップなどの労働環境改善と、政府の公共投資やロボット導入などの企業の研究開発、設備投資推進による生産性向上です。移民受け入れは低賃金競争、国家安全保障上のリスク、治安悪化などのデメリットの懸念がありますが、労働環境改善と生産性向上による人手不足の解決はそのようなデメリットがなく、そのうえ日本国民の所得増加につながります。


本来、複数の選択肢を報道で示し...

ご支援くださる方はクリック→