アイディアがない

今日はこんな記事です。 静岡県が市町から少子化対策アイデア募集斬新な案に計1億円助成 県は7日、地域の特性を生かした斬新なアイデアに基づく少子化対策を実施する市町に、来年度計1億円を助成する方針を固めた。まず各市町に1~3年間の少子化対策事業計画を作成してもらい、有識者らで構成する採択委員会に諮って、上限1千万円の助成を10件ほど行う。平成29年度当初予算案に原資となる1億円を計上する。 県がアイディアに窮して市町村に投げた、という感じでしょうか。 地方自治体の場合は、目標を人口流出防止にするか、合計特殊出生率増加にするかで、適したやり方が違うと思います。 合計特殊出生率を増加させることが目的なら、すでに自治体に定住している家族をターゲットにしてお金を使えばいいだろうと思います(配る方法が直接的にせよ間接的にせよ)。しかし、それだけでは、生...

ご支援くださる方はクリック→