『自国ファーストとは、自国民のポテンシャルに目を向けること』

本日は、うずら様から、『自国ファーストとは、自国民のポテンシャルに目を向けること』というコラムを頂いております!


人気ブログランキングへ


トランプ新大統領が打ち出した中東・アフリカのイスラム圏7カ国からの入国制限令に対して、マスコミや一部の市民から強い反発の声が上がり、ワシントン州シアトル連邦地裁が大統領令の一時差し止めを命じるなど混乱が起きています。

移民受け入れに固執する勢力が、混乱の火種を撒き散らす際のエネルギー源にしているのは、「アメリカは自由の国、移民で成り立つ国」という時代遅れの幻想です。

移民、特にイスラム系や中南米系からの移民は、犯罪やテロのリスクと切り離せない悪手そのものですが、コストの安い人手を欲しがる企業、多文化共生の夢想に酔っていたいマスコミや識者、稼ぎを得たい不法移民の三者の利害が一致し、「移民受入=不可逆的グローバリズム=進歩的...

ご支援くださる方はクリック→