優位を捨てようとする人々

シリアからの難民受け入れ300人やら、移民推進で高度人材!とか言いながらの中国人受け入れやら、財政出動すりゃデフレ脱却できるのにリフレで大丈夫論やら、世の中には摩訶不思議なことに「自らの優位を自ら捨てる」ということが大流行しているようです。この場合は勿論ながら日本の優位性を、日本自ら捨てながら進むというなんともバカバカしい話です。 今日は日本の優位性とは何か?について論じた後で「なぜだからそうなる!!?」という歪みを見ていきたいと思います。日本の優位性とは第一に地政学的要因。海に隔てられているので極めて難民や移民が「目指しにくい国」であります。大陸国家であれば移民、難民は殆ど自ら防御していかないと自動的に流入しますが、日本の場合ですと通常状態では「入ってこれない、入りづらい」という話になります。にも関わらず移民推進政策等々で、自ら股をおっぴろげて「カモーン!」というのですから意味...

ご支援くださる方はクリック→