公共投資と逆第二イメージ【ヤンの字雷】

本日は、ヤン様の寄稿コラム【ヤンの字雷】をお届けします!

今回の素晴らしいエントリーを読んで、これらのインフラ整備をほっぽり出してアメリカのインフラ整備に精を出すでんでんの姿を見て、涙がちょちょぎれてきます。

そしてそのでんでんをマンセーするでんでん信者達にも。

日本はここまで狂ったか。

それではヤン様のコラムをどうぞ!


人気ブログランキングへ

『公共投資と逆第二イメージ【ヤンの字雷】』






現在、中野剛志氏の大著「富国と強兵」を再読しております。「理解した!読了した!」と言えるのはいつになることやら。
さて、上記の著書では「逆第二イメージ」という言葉が割りと頻繁に出てきます。私の理解で定義するならば本書での意味は「国際関係や国際紛争が国内政治に影響し、それがまた国際関係に影響していく」という、ほとんど現象学的循環と同じことで...

ご支援くださる方はクリック→