FTPL(物価水準の財政理論)の理論的意義とそのおかしさ

木曜日は、ソウルメイト様と隔週で望月夜様の寄稿コラムをお届けいたします!

重厚な稿を、どうぞお楽しみください!


人気ブログランキングへ



最近、浜田宏一がクリストファー・シムズ教授を取り上げたりした関係で、FTPLが注目されているらしい。


インタビュー:財政健全化目標、期限にこだわる必要ない=浜田参与

FTPLはヘリマネなのか?「今は財政の出番」シムズ教授インタビュー

FTPLについては以前twitterでつらつらと論じたことがあるので、興味のある向きは「FTPL(物価水準の財政理論)に関する一連のツイート」をご覧いただきたい。


さて、今回は、FTPLの理論的構造を概説しつつ、そのおかしさを論難していく。

まず、FTPLは、「財政学は何を間違ってきたのか」のコラムでも批判的に取り上げた「横断性条件」に基礎づけられている。
...

ご支援くださる方はクリック→