下剋上受験と経世済民

最近私は、TBSの「下剋上受験http://www.tbs.co.jp/gekokujo_juken/」というドラマを見ています。親も自身も妻も中卒の父親が娘の中学受験合格を目指して奮闘するという内容なのですが、このドラマでは今日の日本の教育の問題点がよくえがかれており、私も教育のあり方について考えさせられています。そこで今日は、経世済民を実現する上でのあるべき日本の教育の姿について書いてみたいと思います。


アメリカではトランプ大統領就任で「社会の分断」ということがさかんに言われていますが、分断の原因をつくったのはトランプ氏ではなく、既存のエリート達だと思います。雇用や賃金の減少、治安悪化などアメリカの庶民の痛みに気付かず(あるいは見て見ぬふりをして)に、無制限の移民受け入れや過度な自由貿易の推進などの新自由主義・グローバリズム路線に突き進んだことが社会に分断を生じさせた原因な...

ご支援くださる方はクリック→