不妊治療への助成

今日はこんな記事です。 <埼玉県予算案>不妊治療、妻35歳未満の支援を拡大 埼玉県は2017年度当初予算案で、少子化対策の一環として「ウェルカムベイビープロジェクト」に1億9600万円を計上。不妊に悩む人に早期治療を促すため、これまで妻が43歳未満の夫婦を対象にしてきた助成で35歳未満への支援を拡大。助成の上乗せは13都県で行われている。
具体的には、妻の初回の特定不妊治療に10万円を助成。夫婦そろって不妊検査を行う場合(妻が43歳未満)も2万円を助成し、不妊や妊娠に関する電話相談を土曜や夜間にも行うようにする。
啓発活動も進め、県内の高校生に不妊・妊娠の知識をまとめた冊子を配布する。 体外受精で産まれる子供の数は、日本全体の出生数の数%を占め、割合は年々増加しています。少子化対策として不妊治療は無視できない項目になっています。 ただ、不妊治療の...

ご支援くださる方はクリック→