フリートレード信者の幻覚

『小中で「鎖国」消える…聖徳太子は「厩戸王」に』(読売新聞2/14)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00050142-yom-soci「「鎖国」が消える――。文部科学省が14日に公表した次期学習指導要領の改定案では、小中学校の社会科で「鎖国」の表記をやめ、「幕府の対外政策」に改める。(中略)文科省によると、江戸幕府は長崎でオランダや中国との交易を許し、薩摩(鹿児島県)、対馬(長崎県)、松前(北海道)でも外交と貿易が行われていた。完全に国を閉ざしていたわけではないため、当時の実態に即して表記する。(後略)」江戸時代の対外貿易体制を「鎖国=完全なる海外貿易の途絶」を呼ぶべきでないとの指摘は、ずいぶん以前から歴史学者により上がっていたが、文科省もようやく重い腰を上げ、教科書から記述を削除するようだ。「鎖国」は「士農工商」と並び、江戸時代を暗黒...

ご支援くださる方はクリック→