評論家、小浜逸郎が読む『富国と強兵 地政経済学序説』(中野剛志著) 主流派経済学を超える試み – 産経ニュース


評論家、小浜逸郎が読む『富国と強兵 地政経済学序説』(中野剛志著) 主流派経済学を超える試み >>記事全文
産経ニュース
しかしこの経済学の基礎にあるのは新自由主義というイデオロギーである。これが生み出したグローバリズムは、国家が経済活動に対して持つ欠くべからざる意義を無視し、格差の拡大、成長の行き詰まり、金融危機、世界不況、技術開発の鈍麻、政治的秩序の混乱など、経済 ...

ご支援くださる方はクリック→