「グローバリズム、イノベーション、関税」

本日は、いつもの水曜日に代わりまして、ソウルメイト様と隔週で望月夜様の寄稿コラムをお届けいたします!

重厚な稿を、どうぞお楽しみください!


人気ブログランキングへ



グローバリズムによって生まれた/失われたイノベーション、及び関税・貿易・成長の関係


グローバリゼーションが「底辺への競争」を呼び、先進国全体で労働者待遇への下降圧力をかけ続けてきたということは周知の事実になりつつある。

実際、そうした圧力を背景にして、先進国各国の反動的な状況(典型的なものはトランプ大統領誕生)が成立しつつある。

今回は、「イノベーションの発生とその性質は、現実の状況を誘因として決まる」という理解を基礎にして、グローバリズムがどんなイノベーションを齎し、どんなイノベーションを破壊したかを論じる。


端的に言えば、グローバリズムは『より安い労働者の希求』に...

ご支援くださる方はクリック→