大規模規制緩和が始まる日

 特区内で自由に実験技術革新へ、政府が新制度 どうも「イノベーション、技術革新」を大義名分に、大規模規制緩和がスタートになりそうです。上記記事の内容によりますと国家戦略特区で例えば大阪は、ホテル業界やファッション業界への外国人移民の就労を拡大させる等々出ております。大義名分はあくまで「技術革新」でして、要するにドローンや自動運転自動車などを企業が自由に実験できる場所の確保ということだそうですが・・・ホテル業界とかファッション業界で移民を入れて、何か技術革新があるのか?といわれると無いでしょう。要するにもっともらしい口実で、移民政策を推進するという算段なのでしょう。 まずイノベーションについて述べますと、規制緩和による「大規模実験場」は単なる最終確認の場所でしょう。イノベーションとはシュンペーターの定義によれば「技術同士の新しい結合」「新結合」であり、それに必...

ご支援くださる方はクリック→