”総理も文科大臣も不適切、違法性認める森友学園・塚本幼稚園問題”

虐待まがいの行為は絶対ダメだと思います。また、「安倍首相頑張れ」は愛国をはき違えていますし、幼稚園児にあの教育内容が適切かどうかも議論の余地があるでしょう。何より、土地取引の疑惑は徹底解明すべきです。


ただ、森友学園を叩いて潰すだけでは問題の根本的な解決にはならず、いずれ「第二、第三の森友学園」が出てくるだけでしょう。


これはアメリカの社会や政治の現状とよく似ています。トランプ大統領を生み出したのは、「多文化共生・グローバリズム=絶対善」という考えに基づく政治への庶民の反発であり、トランプ政権が退陣したとしても、間違いなく「第二、第三のトランプ」が出てきて、「過激な多文化共生・グローバリズム派」対「過激な極右・排外主義派」の不毛な対立が繰り返されるだけでしょう。健全なナショナリズムに基づいて、行き過ぎた多文化共生やグローバリズムの弊害を是正する穏健な政治の実現以外に解...

ご支援くださる方はクリック→