農家と国民の利益になる解決策はこれだ

「組合員のために行動しないなら農協はいらない」https://s.ameblo.jp/shingekinosyomin/entry-12344739385.html
上記のコラムでは、移民による農業の人手不足解決は農家と国民の利益に全くならず、それを農協職員が提案するなどもってのほかだと指摘しましたが、今回は、実際にミカンの収穫作業に従事した私の経験をもとに、外国人に頼らない真に農家と国民の利益に資する人手不足対策を提案していきたいと思います。

  まず待遇改善が必要です。現在は収穫時期にアルバイトを募集していますが、生産年齢人口の減少で有効求人倍率が上昇するなか、今後これでは労働力を確保するのが困難になるでしょう。農作業を担う日本人の若者を農協の正規職員等のかたちで、家族を養え、マイカーやマイホームを持てる程度の高い賃金を支払い、社会保険等の福利厚生も手厚く...

ご支援くださる方はクリック→