犯罪事件と経済政策

本日は、河合範安様の寄稿コラムです!痛ましき犯罪と経済思想がリンクしていた?!!経済思想における「合理的経済人」「サプライサイド(供給側重視)」は回り回るとどのような思想にいたるのか?興味深い分析をぜひともご覧くださいませ!現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!犯罪事件と経済政策~河合範安様河合は犯罪事件と経済政策を分析してみました。
今回分析したのは、今年の成人式での振袖詐欺事件と一年半前の相模原での数十人殺傷事件です。
両事件共に、供給力・生産力の増強ばかりを主張し、需要力・消費力を無視する馬鹿な犯人によって引き起こされましたが、犯人の経済思想には新古典派経済政策のみで、ケインズ経済政策がありません。
つまり、
物やサービスを沢山...

ご支援くださる方はクリック→