MMTと主流派経済学の違いは「掛け算の順序問題」に近似できるか?

本日は、望月夜様の寄稿コラムです!大変興味深いコラムでして、個人的に言い表すと「料理が美味しいから幸せ」というのと「幸せだから(まずい)料理も美味しい」というのは違う、ということではないかなと。多分・・・(汗)編者の簡易解説:※MS=マネーストック。民間(金融機関除く)の通貨保有量。※MMT=国定信用貨幣論、英語ではモダンマネーセオリー(Modern Monetary Theory)。※貨幣外生説=外生的貨幣供給説ともいう。中央銀行が通貨を供給したら、自動的にMSが増えるという説。現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!MMTと主流派経済学の違いは「掛け算の順序問題」に近似できるか?~望月夜様noteにて、「経済学・経済論」...

ご支援くださる方はクリック→