規制緩和というバズワード

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『グローバル化疲れ(後編)①』三橋貴明AJER2018.1.30https://youtu.be/zTZAffiW9yU◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆バズワードとは定義が曖昧であるにも関わらず、マスコミなどで記事の「印象」を強めるために、目を引くキャッチフレーズとして使われる言葉を意味します。元々はIT用語であり、「そもそも、バズワード自体が定義曖昧で、バズワードなのではないか」といった批判もありますが、とりあえず脇に置き、本日は「規制緩和」というバズワード。規制緩和と聞くと、我々日本国民の多くが、その定義や内容を理解しないまま、「規制緩和はやるべきだ」などと、ある種の思考停止下で思ってしまいます。そういう意味...

ご支援くださる方はクリック→