①子供手当ての乗数効果

①子供手当ての乗数効果 どんな投資行動や消費行動にも乗数効果があります。それもそのはず、どのようなお金でも、市中に出た瞬間から同じ回転が始まりますから、同じようにGDPの拡大効果があります。ただし、高い乗数効果を生むものと、低い乗数効果しか生まないものとがあります。乗数効果の計算式Y=a/(1-c)から、a(初期支出の内GDPにカウントされる分)が高い場合、または、c(限界消費性向)が高い場合に乗数Yが高くなるのですが、c(限界消費性向)が現在制度を変えないことによって変化しないと仮定すれば、a(初期支出の内GDPにカウントされる分)が決定的に重要ということになります。子ども手当は、主として財源が無いことが問題となり、次に、その財源として扶養控除の廃止を行おうとしたことが共産党などから批判されました。民主党はこれに何の反論も出来ませんでした。子ども手当は子ども1人に付月額26,...

ご支援くださる方はクリック→