緊縮バカは政府の財布ばかり気にしてる

緊縮政策なんてのは民間から仕事や収入を奪うだけで、まさに「百害あって一利なし」の最たるものだが、「日本の借金は世界最悪、日本経済は破綻寸前」というのが巷の常識で、緊縮政策を賛美し、その先に待つ“不況地獄”への突撃を果敢に鼓舞する大バカ者が後を絶たない。『日本の行く末を考える!国の借金1000兆円はどうなる?将来の年金は支払われるのか?』(kinko/フィナンシャルプランナー)https://haitoukinko.com/syakkin1000tyouen/「日本の借金が増え続けていることがとても怖いです。このままでは日本が破綻し、年金が支払われなくなるのでは?と不安を感じています。日本の将来はどうなるのか?対策はどうすればいいのか?を考えてみました。貯蓄額は過去最高の1800兆円もあるものの借金も1000兆円越しです。毎年、国の予算案を見ていると税収入が57兆円に対して歳費が96兆円もあ...

ご支援くださる方はクリック→