保活激戦の裏

今年も保活の季節です。 保活激戦区、ママ友3人とも落選「どうすれば入れる」 予想されたことですが、待機児童問題は解決にはほど遠い状態です。 一方で、育休をとるために「不承諾通知」がほしい親もいるのだそうで。 「保育園落ちてもいい」親たち。待機児童の一方で「不承諾通知」歓迎と内定辞退続出の訳 「不承諾通知」を受け取れば、それを理由に育休を延長できるので、あえて採択されないように申請をするのだそうです。 行政は迷惑なようです。 記事は、 事情あっての「不承諾通知欲しい」や「内定辞退」であったとしても、正確な保育ニーズが不明になるなど、周囲に深刻な影響があるのは事実だ。ただ、その解の一つは、こうした心理に親を追い込む背景に目を向けることにあるかもしれない。 と、復帰後の過酷なワークスタイルの改善を訴えてい...

ご支援くださる方はクリック→