第二のバブル賛歌を歌おう

本日は、うずら様の寄稿コラムです!今回は古谷経衡さんの「バブルは幻想」という論をメッタ斬り!ちょっと古屋さん(1982年生まれ)について調べたら35歳で私(ヤン)とほぼ同世代なのですが、バブル崩壊は1991年。経済成長なき時代の評論家は、なぜ不況容認論を語るのか?興味深いコラムです。現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!第二のバブル賛歌を歌おう~うずら様読者の皆様は、いまの景況をどのように感じておられるでしょうか?

「求人倍率も上がったし、就活もずいぶん楽になった。景気は良いんじゃない?」
「給料はさっぱり増えないのに、税金や社保料が上がり、野菜も肉もガソリンも高いじゃないか(#゚Д゚)こんなので景気が良いって言う奴の気が知れないよ」...

ご支援くださる方はクリック→