絶望が足りないという楽観論について

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ皆様、絶望したことがありますか?十代などならともかくとして、それなりに長く生きている人は絶望という感情を味わったことがあるかと思います。失恋、生活、自身の個人的問題、身体、仕事、家庭などがその理由だったりするでしょうか。心が落ち込んで何も手に付かない、手につけても上の空で作業的に繰り返すだけ、なんていう状態になってしまったりとかね。絶望という感情をどのように定義するのか?というのは非常に難しいのですけれども、そのような状態から精神がどのように回復していくのか?というのは、誰しも経験はあると思います。 まず「絶望」とは現実的に「希望(選択肢)がない」という状態でしょう。その事柄に関して「自身が選択できることは何もない状態」と捉えても良いかもしれません。とするとその状態から精...

ご支援くださる方はクリック→