『敗北を抱きしめて』―「占領による近代主義の受容」(2) 『視点を磨き、視野を広げる』第14回 – ニュース屋台村


『敗北を抱きしめて』―「占領による近代主義の受容」(2) 『視点を磨き、視野を広げる』第14回 >>記事全文
ニュース屋台村
日本人の大部分が、戦後、個人主義が強まったと考えているのであり、反対に「自己犠牲」が弱まったことを残念に思っているのである。 日本文化の伝統的価値観は、経済的合理主義という近代主義理念と折り合いをつけて、戦後も生き続けたが、バブル崩壊以降の「失われた20年」において、日本がだめなのは ...

ご支援くださる方はクリック→