③日銀のバランスシートに表された日銀取引の理解の仕方

③日銀のバランスシートに表された日銀取引の理解の仕方 日本では、貨幣発行を企業会計の書式で管理することが、日本銀行法第五十二条第一項で定められていますから、そのため、貨幣発行という行為を表現するときに、負債の部に「発行銀行券」などと命名して上げています。このバランスシートにおける貨幣の流れを見ると、以下のようになります。まず、日銀が77.4兆円の貨幣発行を行います。この会計処理は、貸方(負債の部)に「発行銀行券」を立て、借方(資産の部)に「貨幣」を立てます。この「貨幣」は、もともと日銀の主人たる日本政府のものですから、日本政府にポンと渡せば済む話です。ところが、日本には日本銀行法があり、ポンと渡せば済む話ではなくなっています。話はもっとややこしく、まず、政府は国債を発行して民間の金融機関等に買い取らせなければなりません。政府は、一旦は貨幣を民間から借りるという形式を取るわけです。...

ご支援くださる方はクリック→