お金や通貨の本質的価値と負債性-現代貨幣論とネトゲ内通貨-

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへバランスシートとしての通貨 うずらさんが興味深い議論を展開されておられまして、おおよその概要は「通貨=日銀の負債として計上される」というのは正しいが、しかし負債性は実質的にない。なぜならば日銀にとって通貨=負債としても、その負債はまたもや通貨で支払われるからだ。であれば日銀にとっての通貨=負債というのは理論上は正しいかもしれないが、積極財政としてはあまり拘るべきではないのではないか?というようなものです。 まずは負債性という上記の議論に入る前に、通貨とは何か?についておさらいしておきます。通貨とは「流通貨幣」の略語で、一般的にはその国家で使われている貨幣を指します。日本でしたら円ですね。さて、この円の価値は何が保証しているか?対内的には統治機構、社会の安定、国民...

ご支援くださる方はクリック→