税金と通貨と国家-租税貨幣論を論じてみる-

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへお金の議論が熱いぜ!!お金の議論が大変に熱いこの冬。皆様いかがお過ごしでしょうか?私は寒さに負けず、今日も今日とてジム通いであります(笑)さて、いくつかコメントを頂きまして租税貨幣論について触れたいと思います。あと負債という概念、先日の記事では「負債”性”=国民が一般的に持っている負債のイメージ」として使用したのですが、負債という概念にも軽く触れておこうと思います。 租税貨幣論とは何か?すごく簡単に私の理解している範囲でいえば「国家が税金を特定(国が決めた)貨幣で支払うことを強制するから、その貨幣が流通貨幣(通貨)となるのだよ」という議論であったかと思います。なぜ国が「これで税金を収めなさい!」と強制したものが、流通貨幣になるか?という事を論じるのに「負債」という言葉が必...

ご支援くださる方はクリック→