またもや「デフレ型」経済成長

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『グローバル化疲れ(後編)①』三橋貴明AJER2018.1.30https://youtu.be/zTZAffiW9yU◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆デフレ型経済成長とは、国民の需要(=所得)の合計を金額で見た名目GDPの成長率がマイナスになり、需要縮小の局面であるにも関わらず、インフレ率(GDPデフレータ)がマイナスになってしまったため、実質GDPがプラスで「計算される」状況のことです。つまりは、物価が下落し、需要が縮小しているにも関わらず、経済成長している風に「見えてしまう」のです。理由は、経済成長率である実質GDPの成長率は、計測できないためです。統計可能な名目GDP(付加価値の金額の総計)から、これま...

ご支援くださる方はクリック→