モルディブが中国傘下に入る可能性

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ相変わらず激動の時代モルディブ元大統領「中国への領土割譲必至」 債務返済厳しく(日経)【コロンボ=黒沼勇史】政治混乱が深まるインド洋の島国モルディブのモハメド・ナシード元大統領(50)は12日、隣国スリランカのコロンボで日本経済新聞の単独インタビューに応じ「対中債務は15億~20億ドル(約1600億~2200億円)に上るが、返済は不可能だ」と述べ、2019年中にも中国への領土割譲に追い込まれると危機感をあらわにした。(中略)ナシード氏はモルディブの対外債務総額に占める中国の割合を「1月時点で75%以上に上る」と明らかにした。道路や橋梁、空港の整備資金が多く、これらについて「ムダなインフラ整備だ」と指摘。15億~20億ドルの対中債務の金利は「最終的に12%以上になる」とし「歳...

ご支援くださる方はクリック→