【2018新春インタビュー】後編 天皇崇拝の再生産ではなく自治的な連帯組織を – 人民新聞


【2018新春インタビュー】後編 天皇崇拝の再生産ではなく自治的な連帯組織を >>記事全文
人民新聞
総評・社会党を中核とする大衆的な対抗運動は賃上げ闘争、福祉優先、平和運動、自主外交などの主張を柱に再生産され、3分の1前後の議会勢力も確保していました。しかしこれとは別に疎外論、反公害、べ平連、学生反乱、反差別、フェミニズムなど「新しい社会運動」も活発化してきます。 1990年前後に日本は戦 ...

ご支援くださる方はクリック→