経済学の名を穢す教科書主義者

「「比較優位」というリカードの“詐欺的理論”が今なお生き延びている不可思議前編」経済学者のトンデモ理論(2007.7.7「晴耕雨読」より)http://sun.ap.teacup.com/souun/848.html「まず、「自由貿易主義」は、それが有利だと考える国家が主張する「保護貿易主義」だと考えている。自由貿易がお互いの国民経済にとってメリットがあるという理論的根拠としては、「比較優位」という考え方が示されている。「比較優位」は経済学で幅広く受け入れられている(流布されている)理論であるが、現実と歴史をとてつもなく捨象したモデルにおいでのみかろうじて成立するものでしかない。(略)グローバル化が進んだ戦後世界でも、日本を除く先進諸国は「比較優位」を度外視して食糧自給率100%をめざし、自由主義の権化と見られている米国でさえ、繊維・鉄鋼・家電・自動車・半導体と次々に対日貿易規制を強要して...

ご支援くださる方はクリック→