②では、財政破綻とは何のことを言っているのか

②では、財政破綻とは何のことを言っているのか  前項で、まず、通貨発行権を持つ日本の財政破綻の定義はデフォルトではないということを言いました。つまり、政府債務には対日銀国債と対民間国債とがあり、対日銀国債は自分の自分に対する債務であり、そもそも債務ではないということ。そして、対民間国債は金融緩和で日銀が貨幣を発行する場合にだけ返済があり、それも、貨幣発行で返済するからには、デフォルトはあり得ず、政府債務を無限に拡大することが出来るということです。そうすると、デフォルトではない財政破綻とは何でしょうか。しかし、デフォルトが起こらないにしても、政府債務(と呼ばれているもの)が増えて行くことには漠然とした恐ろしいものがあります。ところが、「政府債務」と呼ばずに「通貨発行量」と呼べば気持ちは全く違ったものになりますから、この漠然とした恐ろしさは、事実を反映したものではなく、刷り...

ご支援くださる方はクリック→