金融政策支持者は、つまらぬプライドを捨てるべき

今春に総裁任期切れを迎える日銀総裁人事は、物価目標未達を七度も繰り返して大恥をかいた「未達キング」こと黒田総裁の手腕がなぜか評価され、黒田氏続投が決まった。だが、マーケットでは、大した効果も出せず新鮮味に欠ける金融緩和政策に固執する黒田日銀の姿勢に批判的な声も多く、出口戦略(量的緩和縮小や政策金利引き上げ)を催促する意見が後を絶たない。『円高恐れず好景気で引き締めを』(2/13週刊エコノミスト重見吉徳:JPモルガン・アセット・マネジメントグローバル・マーケット・ストラテジスト)https://www.weekly-economist.com/20180213bojexit/「日銀は、世界経済が同時好景気に沸く現在のうちから、長期金利の誘導目標をゆっくりだが着実に引き上げ、同時に「これは出口に向けた一歩である」と明示することが望ましいだろう。重要なのは、金融市場に対して「一歩、後ろに戻ること...

ご支援くださる方はクリック→