イタリアの「国の借金」問題

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『グローバル化疲れ(後編)①』三橋貴明AJER2018.1.30https://youtu.be/zTZAffiW9yU◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆3月4日に総選挙が行われるイタリアでは、中道左派の民主党(与党)、中道右派連合、五つ星運動と、三つ巴の争いになっています。現時点では、ベルルスコーニ元首相が率いる政党を中心とする中道右派連合が若干、リードしているようです。もっとも、過半数に届かないのも確実と言われています。移民問題に対する姿勢を見ると、中道右派連合が「移民制限」、民主党は「容認」。五つ星運動は態度を決めかねている、といったところです。大変、興味深いのは、イタリアでも「国(イタリア)の借金」が問題視...

ご支援くださる方はクリック→