浦安市の卵子凍結事業は「実験」だった

今日はこんなコラムです。 世界初市役所と組んだ「卵子凍結」プロジェクトはどうなったか? 浦安市は市内に某巨大テーマパークをかかえ、税収が豊富です。市長の指導によってあらゆる少子化対策が行われています。このブログでも何度も取りあげています(こちら)。 そのなかでも最も話題になったのが、卵子凍結保存事業です(こちら)。 同時期に日本産科婦人学会が「卵子凍結を推奨しない」と言い切ったことも話題となりました(こちら)。 今日ご紹介するコラムは、その事業の中核にいた医師によって書かれたものです。私はこの事業にずっと注目してきましたが、初めて知ることが多かったです。 まず一つめは、事業のきっかけです。 この事業は、もともとは「ガン患者の卵子を保存する」というアイディアから始まり、そのアイディアを発展させて「理由を問わず卵子を保存す...

ご支援くださる方はクリック→