中央銀行システムにおける”レガシー”としての国債、そしてOMFへ

本日は、望月夜様の寄稿コラムです!OMFとはなんぞや?国債はもはや歴史の遺物かもしれない?国債って必要なの?お金でよくね?”生きた”経済学の最前線の議論を見れるのは大変貴重です。現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!中央銀行システムにおける”レガシー”としての国債、そしてOMFへ~望月夜様noteにて、「経済学・経済論」執筆中!また、「望月夜の経済学・経済論第一巻」(11記事¥3800)も発売中!その他、「「信用創造」(銀行融資による通貨創造)に関する誤解とその修正」バブルと長期停滞の関係と対策/"北欧モデル"の落とし穴」「ポリシーミックス、ヘリコプターマネー、政府紙幣発行論の違い」などなど……ご存知の方もいらっしゃるかもしれないが、私は最近...

ご支援くださる方はクリック→