豊かさへの道を阻むデフレーション

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『グローバル化疲れ(後編)①』三橋貴明AJER2018.1.30https://youtu.be/zTZAffiW9yU◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆現在の日本では、少子高齢化により「当然の話」として生産年齢人口比率が低下し、各地、各業界で人手不足が深刻化していっています。人手不足は、少なくとも20年は続きます。理由は、少子化が終わり、子供がたくさん生まれたとしても、20年は働かない可能性が高いためです。2017年の若年層(15歳―24歳)失業率は、4.6%。世界が羨む数値でございます。改めて繰り返しますが、人口構造の変化を受け、全国各地(特に地方)で人手不足の解消が、経営者に対する強烈な圧力となっています。先...

ご支援くださる方はクリック→