消費力は相変わらず脆弱

『税金や年金、保険料が差し引かれた後の「可処分所得」でも、この5年は右肩上がりで、10年前の水準を回復しました。同僚の濱地議員の質疑より。』(いさ進一/衆議院議員Twitterより)https://twitter.com/isashinichi/status/963343447431065601アベノミクスの奇跡を疑わぬ“信者”ってのは本当に奇特なものだ。なにせ、成長が当たり前の資本主義の世の中で、「可処分所得が10年前の水準に達したぞ!!」とドヤ顔で自慢するのだから…(/ω\)年率3%くらいのペースで普通に成長できていれば、10年間で1.3~1.4倍、20年間で1.8~1.9倍くらいに増えてしかるべきだから、上の図の可処分所得も、いまごろ45.8万円→60万円くらいになっていたはずだ。景気の腰折れが鮮明になった1998年以降、歴代政権が、『緊縮財政・消費増税・社保料負担増・医療費負担増』...

ご支援くださる方はクリック→