「企業数を減らせ」という暴論

『大胆提言!日本企業は今の半分に減るべきだ~アトキンソン氏「日本人は人口減を舐めてる」』(2/26東洋経済ONLINEデービッド・アトキンソン/小西美術工藝社社長)http://toyokeizai.net/articles/-/209674「皆さんもご存じのとおり、日本ではすでに人口が減り始めています。人口が減る以上、GDPを維持するためには生産性を高めるしかありません。「GDP=人口×1人あたりの生産性」だからです。それにはさまざまな改革が求められます。今回はその1つ、日本の企業数を大胆に減らすという改革について、考えたいと思います。(略)」アトキンソン氏は、以前にも日本の観光産業育成にはゴールデンウィークを廃止すべしという珍説をぶつなど、いつも的外れな提言をすることで知られている。上記記事でも、彼の幼稚な勘違いがあちこちに散見されるが、そのうちいくつかをピックアップし、批判を加えてお...

ご支援くださる方はクリック→