貨幣はいかなる意味で負債なのか そもそも負債とは何なのか

本日は、望月夜様の寄稿コラムです!本日は流通貨幣議論における「負債とはなんなのか?」について頂いております。「そもそも会計的・経済的に、負債とはいかなる代物なのか」についての理解が、一般的に極めて貧弱である、ということである。ひどい場合は、負債の一種でしかない借入金を、『唯一本物の負債』と見做すような考えがあったりする。上記の点にすべての議論が凝縮されているように思われます。貨幣議論を理解するために必読の記事です!現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!貨幣はいかなる意味で負債なのかそもそも負債とは何なのか~望月夜様noteにて、「経済学・経済論」執筆中!また、「望月夜の経済学・経済論第一巻」(11記事まとめ販売)も発売中!その他、「「信用創造...

ご支援くださる方はクリック→