マイナス金利・信用通貨制度の終焉

2016.2.1<信用通貨の終焉と政府通貨の始まり>
(ねこ)「マイナス金利は考えるほど不自然だにゃ。金利とは貸したカネの利息だから、それがマイナスというのはあり得ないにゃ。ゼロならまだわかるにゃ。」
(じいちゃん)「そうじゃな、明らかに不自然じゃ。しかし、なぜ日銀がマイナス金利という不自然な考えを導入してまで「金利」にこだわるのか?それは、現代の通貨制度が「金利」によってコントロールされる仕組みになっておるからじゃ。それが信用通貨制度、つまり部分準備制度なんじゃ。前回(マイナス金利って何だ)説明したように、世の中のおカネはすべて負債として生み出される。つまり銀行からの貸し付けとして供給される。じゃから貸し付け金利を下げれば貸し出しが増えて、世の中のおカネが増えるという寸法なんじゃ。逆に世の中のおカネが余ってインフレになると金利を引き上げて、貸し出しを抑制することで世の中のおカネの量を...

ご支援くださる方はクリック→