「外需信仰」という防波堤

この間、農林漁業者の会合に参加したが、その席で挨拶に立った農業者が、「TPP大筋合意のニュースで農家は大変動揺している。国内の人口は2050年ころには8,000万人くらいに減るから、今後は東南アジアなど海外輸出を増やすしか選択肢はない」といった趣旨のスピーチをしていた。筆者は、こういった“経済動向は人口に束縛される”という類いの都市伝説を彼方此方で聞くたびにウンザリさせられるのだが、先日、この手の「胃袋経済論者」が喜びそうなニュースが報じられた。『農林水産物輸出額過去最高の7452億円-27年』
(農業協同組合新聞2016年2月3日)
「農林水産省は2月2日、平成27年の農林水産物・食品の輸出額(速報値)を発表した。3年連続で最高額を更新し前年比で1335億円増え7452億円(21.8%増)となった。
政府は農林水産物・食品の輸出を平成32年に1兆円とする目標を掲げ28...

ご支援くださる方はクリック→