⑪ピケティの提案

ピケティの提案

ピケティは、それでは、いかに格差拡大を規制するかについて語っています。ピケティの理論的としては、資本収益を規制すれば良いのですが、現実問題として、ひとりひとりの所得の中で、資本収益と労働収益を分離して統計を取ることはほぼ不可能です。それは、資本収益と労働収益を分離して課税する制度がないからです。ですから、そういう制度を作れば、特に資本収益を懲罰する課税も可能です。
しかし、ピケティはことさら資本収益に懲罰課税をせよとは言っていません。資本収益であろうと、労働収益であろうと、余剰が生まれれば、貯蓄となり、純資産という資本となります。そこで、ピケティは資本収益であろうと労働収益であろうと、所得に対する累進課税を推奨し、さらに、余剰の蓄積である純資産に課税しろと言っているようです。また、ピケティはインフレによって実質債務を減少させることも格差の是正に有効であると言っていま...

ご支援くださる方はクリック→